インビクタス/負けざる者たち(2009)


監督 クリント・イーストウッド

 1994年、反アパルトヘイトの闘士ネルソン・マンデラは南アフリカ初の黒人大統領に就任。しかしアパルトヘイト撤廃後も、人種対立と経済格差は厳然として存在する。95年に南アフリカで初開催されるラグビーW杯を国民の融和のきっかけにしたいと考えたマンデラ大統領と、それに応え、優勝を勝ち取った南アフリカのチームの実話。

 存命中にこれだけ称えることのできる人は、それもマザー・テレサみたいな活動家でなく、政治家としてというのはそうそういない様に思う。それだけ、人は(やはりまだ)不屈と寛容とに価値を認めているという証拠でしょう。「マンデラの名も無き看守」でもそう思います。
 この映画は描写はあざとくなく、トーンは淡々としております。格差の描写も見せつける感はないけど、どこでも格差の現実が写ってるように思えるし。ラグビーのプレイも、「血沸き肉躍る」というよりは「息詰まる」感じ。
 困難を抱えた国で、ある出会いが限界を超えた奇跡を起こした感動の実話を、名優とイーストウッド監督という巧者が見事にまとめあげました、という文句の出ようのない映画です。
 マット・デイモンもアスリートしてるし、チーム・メンバーの筋肉も変化してるのが芸が細かい。

 キーになるのはタイトルの "INVICTUS" です。
 自分自身が己の魂の指揮官であると言い切れる人はどれくらいいるでしょうか。私もそうだけど「意に反するけど仕方がない」とかいってること多いですから。それに自分が不遇を強いられると、何かで帳尻を合わせないと正しくない、フェアでない、とか思ってしまいます。自分の「正しい」のモノサシを、普遍的なものに合わせられる精神はそんなに簡単には得られません。

 去年、やはり南アフリカ映画の「ツォツィ」も見ました。あれもつらい映画でしたがあきらめてはいけないのですね。
[PR]



by ningyo32 | 2010-08-18 15:47 | 映画

とはいえ明日の思案は明日に
by ningyo32

カテゴリ

映画


以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

『インビクタス/負けざる..
from 【徒然なるままに・・・】

ライフログ

検索

最新の記事

愛を読むひと(2008)
at 2010-08-28 17:20
インビクタス/負けざる者たち..
at 2010-08-18 15:47
Dr.パルナサスの鏡(2009)
at 2010-08-15 17:42
今年前半の残念
at 2010-08-13 20:39
引っ越しました
at 2010-08-13 20:12

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧