愛を読むひと(2008)

THE READER
アメリカ/ドイツ
監督: スティーヴン・ダルドリー
製作: アンソニー・ミンゲラ シドニー・ポラック ドナ・ジグリオッティ レドモンド・モリス
原作: ベルンハルト・シュリンク 『朗読者』(新潮社刊)
出演: ケイト・ウィンスレット/ ハンナ・シュミッツ レイフ・ファインズ/ マイケル・バーグ


 ベストセラーの映画化ですから、読んじゃった人はそれなりのミヒャエル、ハンナ像を持って見たんじゃないでしょうか。
 
 …それで、私は映像と本のイメージとの違和感「なんか違う」感覚を忘れて見ることができませんでした。
 ケイト・ウィンスレッドは素晴らしかったと思います。30代から老年まで、身体の表現が見事でした。

 違和感を挙げていくと
 ・ハンナの「毅然」が不足に思う。
 ・ミヒャエルがマイケルになったのが変。英語の映画になっちゃってるから仕方ないんだろうけど、本で「ミヒャエル」になじんでると、マイケルだと別人に思えてしまう。
 ・ドイツ人としての戦争への世代的なスタンスの取り方みたいな、主人公のハンナへの思いに絡みついてそれを締め上げて、現実のハンナから遠ざけるような、ドイツ人の各世代それぞれの罪から自分を遠ざけようとする意識がちょっと表現しきれてないように思う。

 一番気になるのは「毅然」です。
 服役中のハンナの「毅然」をもっときちんと見せて欲しかったですね。それが、彼女が事実から逃げようとしなかったこと、しかしながら、300人の死の責任者を敢えて認めたこと、そして彼女が「坊や」が迎えに来る前に自分のけりをつけた行動につながるのではないですか?

 文句ばっかり言ってますが、映画を原作より先に見たらきっと素直に「いい映画」だと思ったんじゃないかと思います
[PR]



by ningyo32 | 2010-08-28 17:20 | 映画

とはいえ明日の思案は明日に
by ningyo32

カテゴリ

映画


以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

『インビクタス/負けざる..
from 【徒然なるままに・・・】

ライフログ

検索

最新の記事

愛を読むひと(2008)
at 2010-08-28 17:20
インビクタス/負けざる者たち..
at 2010-08-18 15:47
Dr.パルナサスの鏡(2009)
at 2010-08-15 17:42
今年前半の残念
at 2010-08-13 20:39
引っ越しました
at 2010-08-13 20:12

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧